オリジナル版原稿①【勝手に感想戦】

勝手に感想戦のオリジナル版原稿(第1回棋譜解説:タップダイス編)を読みたい方もいると思うので公開させていただきます。なお、投稿者の思うポイント局面の原稿は第1回棋譜解説に100%掲載されていますので、そちらを参照して下さい。



講師陣から見たポイント局面
2018-02-17a.png
自分なら▲6五歩と突きたいです。変化が多岐にわたるので、簡潔な説明を・・・
先手の狙い筋は▲6四歩△同歩▲同飛で一歩を持つ事に加え、次に▲3四飛ないし▲7五歩と桂頭を攻める事にあります。気になる後手の反動ですが、角交換ぐらいしか有効な手立てはない。

なので、△7七角成と交換される事が想定されますが、このとき▲同桂と応じるのがよさそう。銀で応じると3四のルートが制限(△4五角の筋)されそうです。▲同桂の場合、△8八角で香車を取りに来られるのが厳しいようですけど、香車を取った瞬間が相当甘いです。よって、6四に走った形で▲7五歩を突くような展開を目指して指すのが無難な着地点なのかなと思います。


2018-02-17b.png
自分なら▲4七銀引と指したいです。取れる手から考えるというのは正論ですが、一手で銀を捌かれるのがシャクにさわる。実際、▲4七銀引に対して5五の銀を捌くのは難しい。
先手からは▲5六歩で強制バックさせる手段がありますので、もはや6五地点の急戦は頓挫していますね。善悪は微妙ですが、手厚い振り飛車ならこうやるのも十分考えられたかなと・・・


2018-02-17c.png2018-02-17d.png
▲7五同歩と素直に応じて先手ペースとみます。対して、△7六銀(参考1図)はこの一手。
以下①▲7四歩△7七銀成▲同金△6五桂▲同歩△7七角成▲同桂△8六飛(参考2図)の展開は先手良いと信じたいですが、勝つまでが大変。具体的には6筋を取り込むと△6七歩を利かされるかもしれません。そうなると守勢に回らざる終えない。これを丁寧に受けながら勝ち切るには技術が必要でしょう。なので、手順中の▲7七同金に代えて▲7七同桂とするのがわかりやすいでしょうか。以下△8六飛▲8七歩(参考3図)として次に▲7三歩成の入る形ですし、▲3五歩→▲3八飛の筋も視野に入る。

とはいえ、上記の手順は攻めを呼び込んでいるようにみえます。端的にいえば7三の桂馬を取りにいく手が瞬間的に甘く、取り切るまでに局面を動かされてしまうのが気になるかなと。
2018-02-17e.png2018-02-17f.png
以上の事から、自分なら参考1図で②▲3五歩を考えたい。これは前述の変化で▲7四歩を省略する事で大山流のカウンター戦術を具現化する手法。(善悪は微妙)②▲3五歩以下△同歩▲3八飛△7七銀成▲同金△7六歩▲3五飛△2二玉▲5五飛△7七歩成(参考4図)の局面で、▲7四歩と桂馬を取りに行くのか、▲3四歩と置き駒(攻めの拠点作り)をしておくかの選択でどうか。

手の流れを説明しておくと・・・▲3五歩に対して、△同歩なら▲3八飛とまわって王手角取りをみせます。角を引いているようでは▲3五飛で捌けますから、当然△7七銀成▲同金△7六歩と反撃してくるでしょう。対して、どう応じても攻め込まれる為、このタイミングで▲3五飛と走るのが味の良い捌き。△3三角なら▲3四歩でガンガン攻めればいいですし、△2二玉とかわせば▲5五飛の要領で先手指せそうです。感覚的には攻めてる場所の効率が違うので左辺は放棄しても関係ないのかなと。

あとは・・・単純に▲3五歩の局面で前述の変化を踏襲して△7七銀成▲同金(▲同桂も有力)△6五桂▲同歩△7七角成▲同桂△8六飛(参考5図)の筋はありますが、実戦的に3筋の攻めをみせているだけに銀を渡しにくくなっているのと前述の▲7四歩が▲3五歩に代わっているので後手玉へのプレッシャーが段違いです。また、3筋の取り込みが入れば攻略も容易に思えます。
2018-02-17g.png2018-02-17h.png


※参考1図~参考5図は本記事のために局面図作成→掲載




講師陣から見た一局の感想

序盤は基礎のしっかりした四間飛車という印象・・・ただ、中盤にかけて方針が定まっていないように見受けられました。そこから耐え忍ぶ展開となり、いくつかチャンスはあったように思うのですが、上手く繋げられていなかったのではないでしょうか。同じ振り飛車党(そうであってほしい願望)としては応援したいです!なお、居飛車党には優しくなれないのであしからず( ゚Д゚)y-~~



講師陣が答える質問コーナー

Q
中盤の方針は、1.駒損しないように 2.大駒の交換としていますが、
大雑把過ぎて不利になることが多く、
小さいポイント稼ぎができるように指した方が良いかもと考えています。
どうでしょうか?

A
基本方針としては間違っていませんが、振り飛車なら効率の良い捌きをするためにはどうすべきかというのを重きに置く方が優ると思います。たとえ駒損していなくても確実に有利とは限らないからです。
先ず対抗形において、捌き→手番を握っている、この状態が大切です。多少駒損であっても手番を握って捌けていれば条件的に悪くないという意識を持ちましょう。

駒の損得が互角の捌きというのは相手も想定内にありますので、実戦的に手番を握られるケースが多いのです。戦型の特性上、居飛車は瞬間的な捌きを求められませんが、振り飛車は捌きのタイミングを間違えられない事ばかり・・・なかなか時間的に読めない事もあるでしょう。ただ、その中で数少ないチャンス(手番を握る有利な変化)を求めてみるのも1つの視点として成長させてくれるのではないかと思います。



Q
うっかり癖を治したい

A
人間なので誰でも軽視する事はあります。特にネット将棋は早指しですから、ポカなのか読み切れないだけなのかの区別は難しいですね。単純に手を見切る時間が足りなかっただけとも捉えられますし・・・ただ、往々にして集中力が途切れた場面で起こりやすいという風にいわれていますので、いかに集中力を持続できるかというのが課題になってくるでしょうか。

私が日常的に行っている呼吸法を教えましょう。先ず、鼻呼吸から口呼吸に切り替え、深呼吸を数度繰り返します。その後、大きく空気を取り込み、吹き矢を吹くイメージで息を吐き出すのです。これ以降は通常の呼吸法に切り替えてOK。
将棋に当てはめるなら、対局前・中盤戦・終盤戦の3度くらいやれば大分変ってくると思います。無理やり集中力を上げたいなら是非試してみて下さい。
スポンサーサイト

勝手に感想戦【クラブ新コーナー】

所属している「のりたま将棋クラブ」に「勝手に感想戦」という新コーナーが追加されました。
詳しくはリンクページを見ていただくとして・・・ざっくり説明いたします。

棋譜を公募し、送られてきたものから選定→有段者が意見を述べるというもの。
棋譜の対象者は将棋倶楽部24&ウォーズで級位者。それ以上は別途相談との事。

記事はPDF(10ページ程度)で閲覧していただく事になるので、いわゆる局面図込みの読み物として提供される形です。興味のある方は是非応募してみて下さいませ。もちろん、読者様になっていただけるだけでも歓迎です。



【棋譜解説講師陣の紹介(タップダイス視点)】


※アカウント名のリンク先は各Twitterプロフィールページ


h74-dkET_normal.jpg
rakkaseiさん
どんな戦型でも指しこなすオールラウンダー。
正統派の印象だが、瞬間的な閃きを常々発揮される印象。リアル大会での叩き合い以降、勝手にライバル視している。
タップダイスの絶対許さないリストに入っています。


090920_normal.jpg
Taps_dies
当ブログ管理人。自己紹介する必要もあるまい。


A09Vlbp2_normal.jpg
YUGEN1262
異能派の居飛車党。現在4連敗中と苦手にしている。
不利になってからの勝負術は非常に勉強になる為、本を書いてほしいなあという願望を抱かせる。
タップダイスの絶対許さないリストに入っています。


IozujKam_normal.jpg
ukecyiさん
正統派の居飛車党。アカウント名の通り、受けに特化した棋風。
クラブ内で読みの噛み合う数少ない存在。方針通りに指すという点では、予定変更を良しとしない印象を抱いている。


NsXN98SF_normal.jpg
Shantyさん
右玉の強豪。理詰めの展開を得意とする印象で、論旨は常に明快。
対局させていただいた事はないので、観戦による印象論でしか語れない。




個人的には企画を通して、のりたまさんのまとめる力と講師陣のブランド力を発信するような形になればと思っている。無論、棋譜提供者様&読者様にとって良いコンテンツだと認識していただけた上での話・・・

結構、私は影響力というのを気にしています。最近になって思考の文章化というテーマが自分の中での課題であり、レベルに合わせた伝達というのは非常に大きな意味を持つのだと理解するようになりました。
電子書籍では高度な手順に加え、簡潔な説明を自らに課してきたわけですが、それは高段者から絶賛されても多数のユーザー層(将棋倶楽部24だと初段から中級)からは難しすぎる本だと敬遠されがち・・・そういう意味では、この試みが自分にとって成長できる場なのではないかと考えています。

少し話が脱線しましたが、企画の方を宜しくお願い致しますm( __ __ )m



Kindle
最新記事
カテゴリ
プロフィール

タップダイス

Author:タップダイス
将棋倶楽部24四段の三間飛車党。
2014年から本格的な執筆活動に着手。現在も電子書籍を手がける。
著書に「アブノーマル三間飛車」、「続アブノーマル三間飛車」、「トマホーク最新研究」、「三間飛車VS超急戦」、「トマホーク解体新書」、「棋書作成マニュアル」がある。(Kindle)

https://twitter.com/Taps_dies
https://www.youtube.com/channel/UCNq3ZBdo-mkjyxRuVZdjbPQ

最新コメント
リンク