細い攻めを繋げる

2017-07-18a.png
初手からの指し手
▲7八飛△3四歩▲6八銀△8四歩▲7六歩△4二玉▲6六歩△8五歩▲7七角△6二銀▲4八玉△3二玉▲3八銀△5二金右▲1六歩△5四歩▲5六歩△3三角▲5七銀△4四歩▲3九玉△4三金▲5八金左△2二玉▲4六歩△1二香▲7五歩(第1図)△1一玉▲6八角△8四飛▲9五角△9四飛▲9六歩△5三銀(第2図)


 ▲ノーマル三間飛車VS△居飛車穴熊模様の序盤戦(第1図)・・・先手が筆者である。例によってdg将棋(持ち時間300時間)の棋譜を振り返りたい。ルール上、継ぎ盤で検討してから着手できる為、この将棋に関してはガチャガチャ駒を実際に動かしてから指していた。もはや、将棋といえるかわからないが、これはこれで変則ルールとして面白いかなと・・・
 第1図は▲7五歩と石田流組み換えを見せた局面。△1一玉に代えて△5三銀なら以下▲5九角△6四銀▲3六歩△4二角▲7四歩△同歩▲同飛△7三歩▲7八飛として△7五銀には▲4五歩で軽く対抗する流れ。こうやってくる事も考えられたが、手順中に穴熊へ囲う事もありうるから善悪はよくわからない。
 本譜は、第1図から△1一玉の順である。▲6八角△8四飛に▲9五角が手筋の角出。対して、△8二飛なら▲7六飛と浮いて手得できる算段である。本譜は、△9四飛だったので角を支えておく。▲5九角とポジションを変える事も考えたが、イマイチ狙いもはっきりしない為、見送った次第だ。▲7四歩の筋があるので、後手も△5三銀と備えてきた。

※記事末尾に棋譜再生リンク有

2017-07-18b.png
第2図以下の指し手
▲9七桂△3二金▲8五桂△4五歩▲同歩△5五歩▲同歩△6四銀▲2八玉(第3図)


 ▲5七銀型の石田流組み換えを見せているわけだが、積極的に▲9七桂と動いた。8五の歩を掠め取りつつ左桂を捌いてしまえば、振り飛車に流れが傾く。▲8五桂に黙っていると7筋の強襲で潰れる為、△4五歩→△5五歩と動いてくるのは想定範囲内。ちなみに、△4五歩に▲7三桂成とするのは以下△9五飛▲同歩△7三桂▲7四歩△6五桂▲同歩△6六桂とガンガン攻められてまずい。
 △6四銀に対して、▲2八玉は実戦的な手段(自陣を整えて強い戦いに備える意味)だが、この場合良くなかったかもしれない。第3図以降の攻防で厳しいようなら、ここでは▲6七金と5・6筋に備えるべきだったか。
2017-07-18c.png2017-07-18d.png
第3図以下の指し手
△5五銀▲5六歩△6六銀▲同銀△同角▲7七角△同角成▲同飛(第4図)

 後手は当然△5五銀と繰り出してくる。▲5六歩に代えて▲7四歩と突き出すべきだったか。以下①△同飛▲同飛△同歩▲8二飛で先手優勢。②△6六銀▲同銀△9五飛▲同歩△6六角▲9八飛(参考1図)でどうなっているか。穴熊が完成しているわけではないから、実戦的には難しい勝負だと思う。手順中、△9五飛に代えて△6六同角なら以下▲7七角△同角成▲同飛△6六角▲7六飛△9九角成▲7三歩成(参考2図)で先手ペース。瞬間的に香損となるが、後手の飛車がイマイチ活用しにくいのが大きい。△6四飛には▲6三とないし▲6七歩ぐらいで対抗すれば良さそうだ。本譜は、△5五銀に▲5六歩と単純に対応した。
2017-07-18e.png2017-07-18f.png
第4図以下の指し手
△6六角▲6七飛△9九角成▲6三飛成△9六飛▲6六歩△3三金寄▲5五角△2二銀打(第5図)


 角銀交換となった第4図で、△6六角に代えて①△8八角なら以下▲5五角△2二銀打▲6七飛△5五角成▲同歩(参考3図)と6三の成り込みが先手となり好調となる。②△6四飛なら以下▲5五角△2二角▲6四角△7七角成(参考4図)の展開は先手自信なし。馬のラインが強力で後手陣の守備力が尋常ではない・・・飛車をまわられて悪いのなら、これより前で変化するよりなかった事になる。
 本譜は、第4図から△6六角の順である。飛車の活用を図る△9六飛は当然のように思えるが、直後の▲6六歩があるなら先に馬を自陣に引く方が優ったかもしれない。とはいえ、本譜の進行で先手ペースかというと難しいようだ。対局中は香損でも勝ちやすいのではないかと考えていたが、どうやらそうでもないようである。いかにも筋の▲6六歩・・・△4六香の筋を緩和しつつ、馬を封じ込め、▲5五角の余地も作るというのは都合が良すぎたか。先に▲4一銀と絡むのは自信が持てなかったから、既にこの時点で先手が形勢を損ねているのだろう。本譜の▲6六歩に△3三金寄が読みにない手だった。▲5五角△2二銀打と先受けされた意味だが、これなら殺到する筋も生まれる為、勝負できる形だろうか。
2017-07-18g.png2017-07-18h.png
2017-07-18i.png
第5図以下の指し手
▲4一銀△9八飛成▲6一龍△5七歩▲同金△8七龍(第6図)

 第5図は攻め方が色々あり、▲4四銀・▲6一龍・そして本譜の▲4一銀・・・組み合わせ次第で桂馬を拾うなり、工夫できる場面だった。変化は割愛させてもらうが、4枚穴熊を攻略するにはやや駒不足な感は否めない。
 本譜は、▲4一銀に△9八飛成だったが、△4二金▲5二銀成△同金▲同龍△6六馬▲同角△同飛とされたら自信はなかった。金駒一枚だとどうしても細いので、工夫するべきだったと思う。本譜は、△9八飛成に▲6一龍と入った。
2017-07-18j.png2017-07-18k.png
第6図以下の指し手
▲4七金△8五龍▲3二銀成△同金▲4一金△5一歩▲同龍△4二銀打▲同金△同銀▲同龍△同金▲3一銀(第7図)


 金桂両取りのかかった第6図。ここで攻め合うべきだったか。▲3二銀成△同金▲4三金(参考5図)と攻める。参考5図以下①△同金▲3一龍△3三金打▲8一龍△5七龍▲2五桂(参考6図)が一例の進行でどうか。ちょっと足りないかもしれないが、本譜のように進めるよりマシだとは思う。②△5七龍▲2二角成△同玉▲3二金△同銀▲3一銀△3三玉▲8一龍(参考7図)の筋は流石に先手勝てる流れ。いずれにせよ、本譜の進行は淡白だったからこうやるべきだった。
 第6図から大人しく▲4七金と耐えた。桂馬を拾う順はなくなるが、玉形がしっかりしている状態を武器に攻めさえ切れなければいいというわかりやすい方針を貫く事にした。しかし、こういう順に踏み込んでしまうのが改善点なのも確かである。大局観と判断ミスがひどすぎた。
2017-07-18l.png2017-07-18m.png
2017-07-18n.png2017-07-18o.png
第7図以下の指し手
△3二金打▲4二銀成△同金▲3一銀△3三銀打▲4二銀成△同銀▲3二金△3一銀打▲2二金△同銀▲3二金△3三銀右(第8図)▲4二銀△9八馬▲3三角成△同桂▲2二金△同玉▲3一銀打△3二玉▲4四歩(第9図)


 正直この攻めは無理筋だと思う。何せ第7図で△3三金と受けられても攻めが続かないから・・・実戦は相手をしてもらえたので、金を入手する事ができた。千日手にはならないだろうが、先手から回避する事は無理なので絡み続けるしかない。第8図の△3三銀右でチャンスがきていた。
 ▲4二銀と絡む順で攻めが繋がっている。適当な受けは難しいので△9八馬と活用されたが、角を切るのがわかりやすい攻め。対して、△同銀なら▲同銀成で寄るから△同桂の一手。▲2二金→▲3一銀打→▲4四歩と少ない駒をフル活用し、意外と後手玉が狭く受けにくいようだ。
2017-07-18p.png2017-07-18q.png
第9図以下の指し手
△4一歩▲4三銀△同馬▲4一銀不成△同玉▲4三歩成△5一玉▲6三角△8二龍▲8三歩△9二龍▲4二銀不成(第10図)


 第9図で、△4一歩に代えて△2四歩を主に読んでいた。以下▲2二銀打△2三金▲3三銀右成△同金▲4五桂△2三金▲5三桂成(参考8図)で食いつけば相当やれるのではないか。
 本譜は第9図から△4一歩の順である。正直、全く考えていなかったので読み抜けていた・・・こうされたら銀を打つよりない。▲4三歩成に△3一玉と銀を拾えば、▲3三とでいよいよ切れない攻めとなる。実戦の△5一玉に▲6三角→▲8三歩→▲4二銀不成がこれしかないという手順。手番を握る攻めというのもあり、変化の余地はない。
2017-07-18r.png
第10図以下の指し手
△6二玉▲5三と△7一玉▲3三銀成△8九飛▲7四歩△8三龍(第11図)


 第10図で、△6一玉と横に逃げるなら▲3三銀成と桂馬を拾っておき、▲6四桂を狙う形。本譜の△6二玉に銀を成るべきかと思ったが、どの道取られるなら安い駒が良いだろうと考え、▲5三とを選択した。
 ▲3三銀成は不成との比較になるが、場合によっては4三地点に寄る手を残した方が勝ちやすいだろうか・・・という目分量で指した。しっかり読めれば良いのだが、いかんせん自分にその棋力はない。桂馬を拾った意味は▲3三銀成以下△8三龍▲9五桂△8九龍▲8二歩(参考9図)を用意する事にある。また、場合によっては▲6四桂を切札にしたわけである。本譜は、△8九飛とおろしてきた。▲7四歩と突き出して寄り筋に入ったと思う。△8三竜で△8三飛成なら▲7五桂で先手勝ち筋。実戦は△8三龍と龍で歩を払ってきた。
2017-07-18s.png2017-07-18t.png
第11図以下の指し手
▲8四歩△同飛成▲7六桂△8六龍▲8四歩△8二龍▲7三歩成△同龍▲7四歩△8二龍▲5四角成△9四角▲6三と△6一桂▲7三歩成△同桂右▲7四歩△7二歩▲7三歩成△同歩▲8三桂(第12図)まで先手勝ち


 第11図で▲7五桂と打ちたかったが、△8八龍▲8二歩△3九銀の筋で先手玉が詰んでしまう。かといって△8八龍に受けるのでは何をやっているのかわからない。そこで、▲8四歩と叩いた。△同飛成に代えて△同龍なら以下▲8五歩△7五龍▲7三歩成△同龍▲7四歩△8二龍▲7三桂(参考10図)で難解。手順中、▲8五歩を取れば▲7三歩成から龍を抜く事になるが、正直足りないとは思う。
 本譜は、▲8四歩に△同飛成だったので▲7六桂と打ち据えた。△8六龍は位置的に攻撃目標となる為、入るなら8九だったとは思うが、この辺りは掘り下げても意味などないから省略させていただく。手が進み、本譜の▲5四角成→▲6三とが王手龍と龍両取りを見せて、きっちり龍の位置を咎めた形である。ただし、もっとわかりやすい勝ち方があったかもしれない。
2017-07-18u.png2017-07-18v.png



棋譜再生リンク先
スポンサーサイト

出来過ぎの内容

2017-07-07a.png
第1図以下の指し手
△9五歩▲同歩△8五桂▲8八角(第2図)

 ▲左美濃VS△ノーマル三間飛車の中盤戦(第1図)・・・後手が筆者である。ちなみに、四間飛車に振り直しているのは序盤早々に4筋の歩交換を決行したから。

 第1図で、△9五歩に代えて△6六歩とするのは以下▲同金△6五桂▲同金△同銀▲2二角成△同飛▲5五角(参考図)が一例の進行で後手つまらない。6六地点の取り込みから△8五桂とするなど工夫する事も考えられたが、やや面倒だと考えた。

 実戦は、第1図から△9五歩と総攻撃を仕掛ける順である。対して、▲5五歩(△同角なら▲5六銀の意味)と角筋を緩和する手もあるが、△同銀で迫力が増すばかりとなるから考えにくい。まあ、角で取っても大丈夫そうではある。本譜は、9筋の突き捨てから△8五桂と進む。これに▲8六角なら△6六歩の調子が良い。よって、▲8八角の一手となる。
2017-07-07b.png
2017-07-07c.png
第2図以下の指し手
△8六歩▲8七歩△9七歩▲同桂△9五香▲9六歩△同香▲8九玉△9七香成▲同香△同桂成▲同角(第3図)

 当然、△8六歩と平凡に退路を塞ぐのがわかりやすい。対して、非常手段とばかりに▲7七桂なら香車を走って攻めの続く形。よって、本譜は▲8七歩と合わせてきた。△9七歩→△9五香と9筋を執拗に攻め立て、角を端に追いやる。これにより、後手の角筋を遮るものはなくなったと考えていいだろう。
2017-07-07d.png
第3図以下の指し手
△6六歩▲6八金△6七歩成▲同金△6五香▲6六歩△同香▲同金△同角▲6八飛△8七歩成▲6六飛△9七と(第4図)

 6筋の取り込みから即成り捨てるのが手筋の攻め。香車を打ち据え、△8七歩成としたのは決め所とみたから長引かせるなら▲同銀とするだろうが、延命処置でしかない。よって、角を取り合う事となった。第4図以降は数手で投了された。

 全体的に先手玉上部を攻めてからは一方的な流れとなり、上手く攻められたように思う。持ち時間200時間(dg将棋)という事もあり、間違えにくいのも大きな要因・・・実際、勝率は8割4分ぐらいをキープしているし、将棋倶楽部24より慎重な将棋になりやすい。もし、深く読む練習を実戦で試したいという方はやってみてはいかがだろうか。
2017-07-07e.png
Kindle
最新記事
カテゴリ
プロフィール

タップダイス

Author:タップダイス
将棋倶楽部24四段の三間飛車党。
2014年から本格的な執筆活動に着手。現在も電子書籍を手がける。
著書に「アブノーマル三間飛車」、「続アブノーマル三間飛車」、「トマホーク最新研究」、「三間飛車VS超急戦」、「トマホーク解体新書」、「棋書作成マニュアル」がある。(Kindle)

https://twitter.com/Taps_dies
https://note.mu/taps_dies

最新コメント
リンク