スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右玉VS三間飛車【攻め100%】

【第1図は☗2七金まで】
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v角 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v飛 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v金v歩v銀 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 桂 金 ・|七
| ・ 角 ・ ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=37  ▲2七金  まで

第1図以下
☖2四歩(第2図)

☗右玉VS☖ノーマル三間飛車の中盤戦(第1図)・・・後手が筆者である。第1図までの手順と説明は省略。序盤早々☖4五歩または☖3五歩→☖4五歩の仕掛けを見送っているので、とてもじゃないが観れたものじゃない。

第1図の状況は☖3四銀と3筋の攻めをみせた手に対して、先手が金を上がって先受けしたところ・・・実戦は2筋を突いたが、代えて☖3三桂も有力だった。以下☗2六金☖4五歩☗3五歩☖4六歩☗同銀☖4三銀(参考1図)が一例の進行で難しい。以降、☖4五歩と☖4四銀のどちらかで対抗するが、ギリギリの攻めになるのかなと。
参考1図までの手順中、☖4六歩に☗3四歩と銀を取れば☖4七歩成☗同金☖4五桂☗4三銀☖3一飛(参考2図)で後手が指せる。

【参考1図は☖4三銀まで】
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v角 ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v飛 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v銀v桂v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v金 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 銀 ・ 金 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 角 ・ ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=44  △4三銀  まで

【参考2図は☖3一飛まで】
後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v角 ・v飛 ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 銀 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v金 ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ 金 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 金 桂 ・ ・|七
| ・ 角 ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=48  △3一飛  まで

【第2図は☖2四歩まで】
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v角 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v飛 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v金v歩v銀v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 桂 金 ・|七
| ・ 角 ・ ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=38  △2四歩  まで

第2図以下
☗2六金 ☖2五歩 ☗同 金 ☖2二飛
☗2六歩 ☖4三銀 ☗6五歩
(第3図)

第2図で☗2四同歩なら以下①☖2二飛☗2六金☖2五歩☗同金☖同銀☗同桂☖2四飛☗3五銀☖2二飛(参考3図)が一例の進行で技をかけられるかどうか。2筋の突き捨てから☖2二飛の調子は良いが、容易な変化ではなさそうだ。②☖同角(次に☖4五歩または☖3三桂の狙い)☗2五歩☖5一角☗2六金と力強く対応されれば後手も困る。3五地点の合わせは、その後どうすべきか迷うし実戦的にはやりたくないところか。

本譜は、第2図から☗2六金の順である。2筋の取り込みから☖2二飛は当然。対して、☗2六金なら以下☖2五歩☗2七金の交換を入れてから、☖2四角→☖3三桂→4二飛または☖4五歩→☖2四角の筋で対抗する予定だった。 実戦は金を歩で支えてきたから、銀を引いて駒を捌かせず負担にさせる方針に切り替えた。
【参考3図は☖2二飛まで】
後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v角 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v金v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 桂 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 ・ ・ ・|七
| ・ 角 ・ ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=48  △2二飛  まで

【第3図は☗6五歩まで】
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v角 ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v銀 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v金v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 金 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 ・ ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=45  ▲6五歩  まで

第3図以下
☖2四歩 ☗3五金 ☖3三角 ☗4五歩
☖同 歩 ☗3三角成☖同 桂 ☗7七角
☖5五角
(第4図)

ひと目☖3三桂とするところで、やっていれば勝ちも早かったと思う。ここでは簡単に考えており、歩を連打すれば金ゲット&必勝と甘くみていた。☖2四歩☗3五金☖3四歩とすれば☗4五金(歩を打ってから気付いた)があるから、こうはできない。

実戦は予定変更の☖3三角。歩を打った手との関連性がない為、形勢的にも怪しくしているという自覚を持っていた。対して、☗2五歩なら以下☖同歩☗同桂☖4五歩で後手捌ける格好。よって、本譜は☗4五歩と突いてきた。第4図までは一本道。
【第4図は☖5五角まで】
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v銀v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v金 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩v角v歩 金 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 歩|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=54  △5五角  まで

第4図以下
☗6六銀 ☖3七角成☗同 玉 ☖3四歩
☗5五銀 ☖3五歩 ☗5四銀 ☖3六歩
☗同 銀 ☖5四歩 ☗3三角成
(第5図)

第4図で☗同角☖同金☗7七角なら以下☖5四歩☗5六歩☖4六歩(参考4図)と激しい変化に突入する。参考4図以下①☗3八銀☖8四角☗5九玉☖3四歩☗5五歩☖3五歩(参考5図)で後手の攻めが筋に入る。②☗5五歩☖4七歩成☗同金☖5五歩(参考6図)と手を戻しておけば後手ペース。以降、4筋を厚くしていけば自然と良くなりそうだ。

本譜は第4図から☗6六銀だったので、攻め合いになった。第5図までの手順中、4六地点に駒を打つ変化はあるがキリがないので省略。
【参考4図は☖4六歩まで】
後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v銀v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩v金 ・ 金 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩v歩 歩 歩 歩|六
| 歩 歩 角 銀 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=60  △4六歩  まで

【参考5図は☖3五歩まで】
後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v銀v桂 ・v歩|三
| ・v角 ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩 歩 ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・v歩 歩 歩 歩|六
| 歩 歩 角 銀 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ 銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 
手数=66  △3五歩  まで

【参考6図は☖5五歩まで】
後手の持駒:角 銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v銀v桂 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩v歩 ・ 金 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 歩|六
| 歩 歩 角 銀 ・ 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩 
手数=64  △5五歩  まで

【第5図は☗3三角成まで】
後手の持駒:金 銀 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・v飛 ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・v銀 馬 ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 歩|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 玉 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 桂 歩 
手数=65  ▲3三角成  まで

第5図以下
☖3二飛 ☗同 馬 ☖同 銀 ☗4五銀
☖3五歩 ☗4七金打☖3六銀 ☗同 銀
☖同 歩 ☗同 金
(第6図)

☖4六銀を決行するならこのタイミングだったか・・・☖3二同銀のところでも・・・それならわかりやすかった。本譜は☗4五銀を許した為、混戦模様になっている。☗4七金打にも☖5五金→☖4五金→☖3六銀とわかりやすい手段があったから、勝ちを逃しているなと。
【第6図は☗3六同金まで】
後手の持駒:角 金 銀 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 金 歩 歩|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 玉 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 角 銀 桂 歩三 
手数=75  ▲3六同金  まで

第6図以下
☖3五歩 ☗同金(第7図)

ひと目☖4四桂とするところだが、☗5三桂☖7一金☗3一飛(参考7図)にどうするのかわからなかった。受けにまわるしかないなら技術的に自分のチャンスはない。桂打ちに手抜いて☖3六桂もありうるが、☗6一桂成☖同銀☗4二飛の筋で本当に勝てるかどうか。正直、30秒で決断するには時間が足りない・・・

本譜は、実戦的な手段に踏み込んだ。最後の一歩を使って、先手の守備駒を上ずらせたわけだが・・・ここで攻めの継続を図る一着がある。
【参考7図は☗3一飛まで】
後手の持駒:角 金 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v金 ・ ・ ・ 飛 ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 桂 ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v桂 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 金 歩 歩|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 玉 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩三 
手数=79  ▲3一飛  まで

【第7図は☗3五同金まで】
後手の持駒:角 金 銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 金 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 玉 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 角 銀 桂 歩四 
手数=77  ▲3五同金  まで

第7図以下
☖3八銀(第8図)

第7図から☖3八銀が相手に楽をさせない攻め筋。解説は第8図に譲るとして・・・第7図では、☖4六桂も読んでいた。以下①☗同玉☖5五角☗5六玉☖9九角成(参考8図)で攻めの続く形。②☗4八金☖5五角として単純な狙いながら5八地点の成り捨てと☖3八金の筋を見せてどうか。
上記の順を選ばなかったのは、相手の読む量が減るのと何か抜けがあると一発で切れる心配があったから。
【参考8図は☖9九角成まで】
後手の持駒:金 銀 香 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 金 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 玉 ・ ・ 歩 歩|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
|v馬 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 角 銀 桂二 歩四 
手数=82  △9九角成  まで

【第8図は☖3八銀まで】
後手の持駒:角 金 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 金 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 玉 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・v銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 角 銀 桂 歩四 
手数=78  △3八銀  まで

☖3八銀の狙いは単純明快。☗同玉☖4六桂→飛車に働きかける事だ。第8図以下①☗5九飛☖2八角☗3八玉☖3七金☗4九玉(☗2九玉なら☖2七桂で寄り筋)☖4七桂とすれば負けのない形。②☗6九飛☖2七金☗4六玉☖7八角とすれば☖3四桂の筋も残り、攻めが続く。③☗7九飛なら☖8八角→☖2七金→☖5五角成の要領。④☗4六角☖5五金☗同角☖同歩(参考9図)として、飛車を2八に浮けば☖3九銀不成と潜り、5九・6九・7九のいずれかに逃げれば☖5六歩と突き出す流れ。実戦的にはどちらを持っても大変だと思うが、攻め棋風の自分からすれば後手寄りかなと。参考9図までの手順中、☖5五角☗同角☖同歩の展開もありうるが、善悪は微妙。
【参考9図は☖5五同歩まで】
後手の持駒:角二 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩v歩 ・ 金 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 玉 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ 金 ・v銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 金 銀 桂 歩四 
手数=82  △5五同歩  まで

いずれにせよ、④の変化は5五地点の角打ちや馬作りの筋を消す順で最有力。これを選ばれれば激戦になっていたと思う。実戦は第8図以下☗5九飛☖2七金☗3六玉☖3七角と進み、グダグダになりながらも何とか勝ち切った。
スポンサーサイト

山田王戦レポート

本日は、ぬころん様の「チャンネル登録者2000人突破記念将棋大会(山田王戦)」に参加させていただきました。

前回大会はスケジュールの都合上、参加できなかったのもあり、約半年ぶりという状況・・・それもあってか必要以上に力が入ってしまったかもしれません。


※対局ルールは将棋倶楽部24の早2

※記事末尾に大会主催者ぬころん様の動画リンク有り


yamadaou.png




◆1回戦:クロノさん
2018-09-24a.png2018-09-24b.png
▲5筋位取りVS△ノーマル三間飛車の中盤戦(A図)・・・後手が筆者である。A図に至るまでの手順は目も当てられない。(自分の将棋がチグハグ)とはいえ、公の場で指しているのだから、何を言われても仕方ないのかなと。棋譜に興味のある方は「クロノさんの該当実況動画」を視聴していただければと思う。

A図から△4六銀を本線に読んでいたものの、これで負けたら見せ場も何もないなと思い、△8一銀(B図)と引いて次に△7二飛とまわる構想を目指した。これが振り飛車らしい勝負手だったようで、流れはこちらに。
B図で①▲6五銀△同歩▲7四桂と動いてくれば△9三玉(参考1図)とかわしておき、7五の歩を巡る攻防に発展する。それは後手ペースだと思うから、まあやらないのかなと。②▲4三歩成△7二飛▲5六銀(参考2図)とされるのが嫌だった。意味としては参考2図以下△7五角▲同銀△同飛▲6五銀(参考3図)で根っこの種駒を払われると▲5三と→▲8六角の筋が猛烈に厳しい狙いとなる事が挙げられる。参考3図までの手順中、△7五同飛に代えて△7七桂成▲同桂△7五飛(参考4図)とするのが修正案なものの、これではさすがに▲6六角で耐えられてしまうのかなと。いずれにせよ、▲4三歩成の順で勝負されれば大勝負に打って出なければならなかった。
2018-09-24c.png2018-09-24d.png
2018-09-24e.png2018-09-24f.png
2018-09-24g.png2018-09-24h.png
局面は進んでC図。実戦は以降、7五に飛車を走る展開となり、攻めを繋げるだけになったが・・・C図では▲6五銀△同歩▲7三歩△同飛▲1二と(参考5図)の変化で互角らしい。(クロノさん動画より)そこから△4七歩が自分に指せるかというと自信ないので、こうなると指運勝負だったのかなと。


◆2回戦:つぶあんさん
2018-09-24i.png2018-09-24j.png
▲棒銀VS△三間飛車穴熊の中盤戦(D図)・・・後手が筆者である。棋譜に興味のある方は「つぶあんさんの該当実況動画」を視聴していただければと思う。

3五の歩を銀で払いつつ、2筋の対応を用意したのがD図の状況。ここで、▲1一角成が嫌だった。以下△3三桂▲2四銀△2七歩▲同飛△2六歩▲3三銀不成△2七歩成▲3二銀不成△5四金(参考6図)が直線的な読みでどうか。変化の余地はあると思うので、何か捻り出されてもおかしくはない。

実戦はD図以下▲2四銀△2七歩▲2三銀成△7二飛▲2七飛△7五歩▲同歩△同飛▲7七歩△4六歩▲同歩△2六歩▲2八飛△3六角(E図)と進んで勝ちの見えやすい展開。7筋転回による大捌き&2筋への攻めを決行したのが勝因だったのかなと。
2018-09-24k.png


◆3回戦:ジュースさん
2018-09-24l.png2018-09-24m.png
相振り飛車の終盤戦(F図)・・・後手が筆者である。先手の寄せに誤算があり、逆転模様となっているのがF図の状況。ここでは既にどう勝つかが問題で、後手陣を安全にしつつ先手玉を見ていかねばならない。
▲3九角なら△4九金(参考7図)でわかりやすい為、実戦はF図以下▲4九角△6二金打▲同成銀△同金▲1一馬△3四桂(G図)と進んだ。この桂馬が入った事で一気に先手玉へのアプローチが見え始める。以降、攻めの止まらない展開となって逆転勝ち。
2018-09-24n.png


◆準決勝:ぼびーんさん
2018-09-24o.png2018-09-24p.png
▲腰掛け銀穴熊VS△ノーマル三間飛車の中盤戦(H図)・・・後手が筆者である。かなり忙しく仕掛けたというのもあり、ここでは既に後手が苦しめ。当初の予定は、H図以下△6五歩▲4五歩△5四歩(参考8図)だった。しかし、これは▲4六銀△6四銀となればそれなりなものの、▲4四銀と出られた時の対応がよくわからない。一気に負かされる可能性も考慮し、実戦はH図以下△9五歩▲同歩△9七歩▲同桂△同桂成▲同香△5五角▲同歩△5六桂(I図)と乱暴な攻めを決行した。当然これは無理攻めで上手く咎められて試合終了。最後は何とか形作りに至ったという流れだった。
2018-09-24q.png


【関連動画】
【将棋】2000人記念
【Live】山田ぬ転んさん主催のネット将棋大会に““優勝””目指して参加してみる!【2018/9/24】
ぬ転んさんの大会に参加してみる!!


Kindle
最新記事
カテゴリ
プロフィール

タップダイス

Author:タップダイス
将棋倶楽部24四段の三間飛車党。2014年から本格的な執筆活動に着手。現在も電子書籍を手がける。
著書に「三間飛車VS超急戦」、「トマホーク解体新書」などがある。(Kindle)

https://twitter.com/Taps_dies
https://www.youtube.com/channel/UCNq3ZBdo-mkjyxRuVZdjbPQ

【連絡先】shogikindle@gmail.com

月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。