初手7八飛VSきmきm金【対策】

将棋倶楽部24の将棋を振り返りたい。時間設定は早2。初手7八飛VSきmきm金の序盤戦(第1図)・・・先手が筆者である。少し前になるが、ツイートで自分なりの対策を紹介したいと述べていた。自戦記という形ではあるが、参考程度(アイデアの一つ)に流し読みしてもらえればと思う。


初手からの指し手
▲7八飛 △3四歩 ▲4八玉 △3二金
▲6八銀 △3三金 ▲5六歩 △4四金
▲5七銀 △3三角 ▲4六銀 △2二飛
▲3八銀 △2四歩 ▲3六歩
(第1図)

第1図に至るまでの手順について少し説明しておきたい。▲4八玉に対して、△3二金がきmきm金の含みをみせた手法。これには本譜の通り、▲6八銀→▲5六歩→▲5七銀→▲4六銀と左銀で先手玉上部を手厚くするのが自分の指し方である。

初手7八飛への相振り飛車においては、角道を開けていないという特徴を可能な限り活かしておきたい。攻め味に欠けるが・・・ネット将棋なら先後問わず千日手辞さずの姿勢で負けにくい将棋というのも一考の余地はある。少なくとも自分は先手であっても千日手歓迎の姿勢だから、積極策に拘りなどない感じ。(先後入れ替えでの指し直しがない為)

本譜の△3三角に代えて①△3五歩→△3二飛としてくるのも有力な手段だ。はっきり力戦の格好となり、これは強い方が勝つと思う。また、②△5四金と角道を通しておくのも有力だろうか。こちらも同様ではあるのだが、早々にきmきm金の狙い筋を自ら外すだけに選びづらいか。
本譜は向かい飛車を選択してきた。△4四金・△3三角・△2二飛型に構えるのがきmきm金の基本形。これの単純な狙いとしては2筋の歩を伸ばしてから△3五金→△2六歩と攻める事なのだが・・・私は最初から防ぎに行くのがわかりやすいと考えている。

話は脱線するが、この構想を試すのは二度目。一度目はたまたま本家と指す機会があったので・・・参考1図はその将棋の序盤戦。こういう形になれば、先手も相当やれる展開だと思う。
2018-06-03a.png2018-06-03b.png
第1図以下
△6二玉 ▲3七銀上 △7二玉 ▲3八金
△8二玉 ▲7九角 △3二飛 ▲3九玉
△7二銀 ▲2八玉 △1四歩 ▲9六歩
△9四歩 ▲8八飛 △4二銀 ▲8六歩
(第2図)

先後共に陣形整備が続く。先手は矢倉に組む事で、2・3筋の急戦を防いでしまう。▲7九角が▲7七歩型を活かす構想で、相当攻めにくい格好を作る事ができる。ただし、通常の相振り飛車と違って攻め味をどう持たせるかというのがテーマであり、そこをどう工夫できるかが作戦の根幹に関わる事だ。

もともと先手の陣形は専守防衛の構えで、中央で戦いになれば軽く受け流しながら反発する必要がある。これは▲4六銀型+引き角を選んでいるので仕方ないところ。考えられる手段としては、引き角から▲5七角→▲6六角→▲7六歩→▲7七桂。これに組み合わせとして▲8六歩待機や▲8五歩を決めるぐらいが妥当。前者は▲8五桂の筋もあるから指しこなすのも容易い、後者は後手の対応次第で柔軟に指す事になるから基本受け身。

実戦的に後手を持って、この形を相手にする事はほぼない。であるならば、初見で攻略するのは難しいところだろうか。後手の指し手を説明したいところだが、これが結構難しい。第2図までの手順中、△3二飛にしても含みの多い手だから直接的な狙いは見当たらない。間接的には3三の角を転換する余地に際し、あらかじめ3五地点に利きを足しているぐらいか。(桂馬を跳ねやすくする意味)△2四歩型で留めておくのも後手の工夫。前述の△3三桂→△2五桂を含みにしているという事だろう。早々に△2五歩を決めても▲3七銀上→▲3八金でしっかりした形になる為、その交換は微妙だと考えるのが自然。
2018-06-03c.png2018-06-03d.png
第2図以下
△7四歩(第3図) ▲8五歩 △7三銀 ▲5七角
△7二金 ▲6六角
(第4図) △5四歩 ▲7六歩(第5図)

後手は△7四歩で矢倉含みの駒組みをみせてきた。対して、第3図で▲8五歩に代えて▲5七角から前述の手段を目指すのは以下△5四歩▲6六角△5三銀▲7六歩△6四銀▲7七桂(参考2図)が一例の進行でイマイチ。後手が△7三銀を急いでくれば主張点も生まれるが、この場合は中央で戦いを仕掛けられそうである。
そこで、本譜は第3図から▲8五歩を決める事にした。△7三銀とさせれば△7二金まではセットの手順。▲6六角とするのは予定だが、少し気になる手があった。

第4図で△5四歩に代えて△5四金(参考3図)と角交換を挑んでくる順が面倒かもしれない。参考3図以下①▲3三角成△同銀▲5五歩△6四金(参考4図)と進めるのが一例なものの、これは先手も指す手が難しくなる。局面の均衡を保つ技術に優れていればこういう将棋も一考の余地があり、善悪はともかく勝負できるところか。②▲7六歩△6六角▲同歩△6七角▲6八金△7六角成▲7七金(参考5図)といった進行も考えられるが、先手としては耐えているのか怪しく怖いところだと思う。参考5図までの手順中、△6六角に代えて△6五金▲3三角成△同銀▲7七桂(参考6図)と強く戦わざるおえない事もありうるので、相当読んでいないと②▲7六歩を指す事はできない。③▲5八金とすれば一気に持っていかれる事はないから実戦的ではあるか。ちょっと形勢はわからないが、極端に悪いという事もなさそうだ。④▲8四歩△同歩▲同角△同銀▲同飛△8三歩▲8八飛△3一飛(参考7図)と一気に動くのは無理筋。
本譜は第4図から穏やかに△5四歩を選ばれた。対して、先手は▲7六歩と突いておくぐらいだ。
2018-06-03e.png2018-06-03f.png
2018-06-03g.png2018-06-03h.png
2018-06-03i.png2018-06-03j.png
2018-06-03k.png2018-06-03l.png
第5図以下
△5三銀 ▲7七桂 △6四銀左 ▲6八金(第6図)
△5二飛 ▲8九飛 △5五歩 ▲同歩(第7図)

第5図で△5三銀に代えて△6四歩(参考8図)も有力。先手は▲7七桂か▲7七角を選ぶところだが、善悪の判断が分かれると思う。また、本譜の△6四銀左に代えて△6四歩(参考9図)とする事も考えられた。参考9図以下▲6八金△1五歩▲8九飛(参考10図)が一例で先手としてはつまらないか。以降、△1三桂や△6二銀左などの候補手がある為、後手自信の持てる展開かもしれない。

本譜は左銀を繰り出す順でこられた。▲6八金は予定で、代えて▲5九金(5筋への飛車まわりを残す意味)はあまり考えなかった。やはり飛車は8筋で留めておいた方が反撃の味を残せるし、数に劣る争点にまわるというのは棋理的にもおかしいのかなと。

第6図の段階で5筋を軽くいなしつつ反撃するのは目に見えている。△5二飛に代えて①△5五歩と先に突っかけるのも有力で以下▲5七金△5二飛▲8四歩△同歩▲5五歩△同銀▲5三歩△2二飛▲5五銀△同金▲6一銀(参考11図)が一例の進行。②△1五歩▲8九飛△1三桂(参考12図)といった展開も考えられる。
本譜は第6図から△5二飛の順である。飛車を中央に活用してきた手に対して、▲8九飛と下段飛車に構えるのも自然な交換。
2018-06-03m.png2018-06-03n.png
2018-06-03o.png2018-06-03p.png
2018-06-03q.png2018-06-03r.png
2018-06-03s.png2018-06-03t.png
第7図以下
△同金 ▲同銀 △同銀 ▲5三歩
△2二飛 ▲4八角 △5六歩
(第8図)

第7図で、△5五同金に代えて△5五同銀なら以下①▲同銀△同金▲6一銀(参考13図)と割り打ちを決めれば先手指せる。これがあるので本譜の順を選んだのだと思う。②▲5三歩△2二飛▲5五銀△同金(参考14図)と進めて単に▲6一銀と打つか、▲5五同角△同角▲6一銀の筋で対抗する流れ。手順に天王山へ角を出させる事になるから、まあやりにくいか。

本譜は、第7図から△5五同金の順である。▲同銀△同銀▲5三歩△2二飛までは直線的に進むところ。▲4八角では▲5五角△同角▲5四金(参考15図)といったように指す事も考えられたが、△3七角成から暴れられると怖い格好。これが嫌なら参考15図の▲5四金に代えて▲6一銀と絡むぐらいである。(前述の補足も兼ねて)
ともあれ、まともに5筋の相手をするつもりはなかったから、本譜は▲4八角と引いた。対して、△5六歩と垂らしてくるのは自然。
2018-06-03u.png2018-06-03v.png
2018-06-03w.png2018-06-03x.png
第8図以下
▲7五歩 △同歩 ▲6五桂 △7四銀
▲8四歩 △同歩 ▲同飛 △8三銀打
▲8九飛 △8四歩 ▲5二歩成 △同飛
▲5三金
(第9図) △2二飛 ▲4三金 △6五銀
▲3三金 △同桂
(第10図)

第8図の△5六歩は、△2五歩→△2四角の筋を狙っている。(△5七銀は無理筋)つまり、2手指される前に動いてしまえばいいのだが・・・本譜は暴発だったようだ。第8図では▲5四金(参考16図)と打つのが有力。次に▲5二歩成と▲6五桂の狙いがあり、後手が同時に受ける術はないと思う。それなら先手ペースになっていたのかなと・・・

本譜は、第8図から7筋の突き捨て→▲6五桂と調子良く攻めた。まあちょっと焦った感じではあるから、無理攻めになっているのは仕方のないところ。細かい説明は省くが、▲5二歩成に△6五銀と桂馬を外されたら自信はなかった。
第9図で、△2二飛に代えて△5一飛なら以下▲7三歩△同桂▲同桂成△同玉(△同金もある)▲4三金(参考17図)と進めて先手好調な攻めが続く。
第10図までは一つの流れ。
2018-06-03y.png2018-06-03z.png
2018-06-04a.png2018-06-04b.png
第10図以下
▲8五歩 △同歩 ▲3一角 △3二飛
▲7五角成 △6四銀 ▲8四歩
(第11図) △同銀
▲同馬 △7三金打 ▲同馬 △同桂
▲8四金
(第12図)

第10図の形勢は互角のイメージ。角と銀桂の交換で条件は悪いものの、手番を握っているのが大きいとみていた。▲8五歩と合わせるのが部分的な手筋で、攻めの争点を作る事ができる。銀冠の弱点である玉頭を執拗に攻めるならこうやるのがセオリー。

8筋を取らせてから▲3一角と打ったが、代えて▲7五角は攻め方もわからず指しにくかったと記憶している。何にせよ、第11図まで進めれば調子良く攻め続けられる展開。
第11図では、△7四銀上(参考18図)の一手。本譜の△8四同銀はクリックミスだろう。参考18図以下▲6五馬(参考19図)と切って、△同銀右なら▲8三銀、△同銀直なら▲7五歩、いずれも先手好調な攻めが続く。

本譜は、第11図から△8四同銀▲同馬△7三金打の順である。これでも勝つのは大変・・・対して、▲同馬に代えて▲8五馬とするのは△8四歩(参考20図)と当てられた時の対応に困るし、相手からすれば楽な展開だから考えなかった。
という事で、本譜の通り▲7三同馬を選択。これに△同金なら▲8四歩があるので、桂馬で取ってくるのは当然。第12図の▲8四金と上部を押さえて優勢を意識していた。
2018-06-04c.png2018-06-04d.png
2018-06-04e.png2018-06-04f.png
第12図以下
△3五歩 ▲7四歩 △2五桂 ▲7三歩成
△同金 ▲8五飛 △8四金 ▲同角
△8三歩
(第13図) ▲6五飛 △8四歩 ▲6四飛
△同歩 ▲7四銀
(第14図)

後手は受けに窮すると見て、攻め合いを目指してきた。実際、第12図で△7五角などと受けても以下▲同角△同銀▲4三角(参考21図)で技がかかってしまう。飛車を逃げれば▲7三金→▲6五角成だし、△8四銀と金を外せば飛車を取っておけば良い。

本譜は第12図から△3五歩▲7四歩△2五桂▲7三歩成△同金▲8五飛と無茶苦茶攻める展開。これで部分的には耐えきれないとみていた。△8四金に代えて△8三歩ぐらいなら▲7三金△同玉▲8四歩と押していくだけで簡単。
それでは厳しいとみて、本譜は△8四金▲同角△8三歩と角を呼び込んできた。第13図から▲6五飛が決め手。取れば▲7三銀以下簡単な詰みだから、角を外すよりない。

第14図まで進めて先手の勝ちは確定。以降の手順に関する説明は省略するが、一点だけ・・・第15図、第16図から後手玉に詰み筋があったようだ。興味のある方は考えてみてほしい。
実際には▲7五桂で先手玉が詰まない格好だから大勢に影響がないものの、ひと目でみえていなくてはならなかったかなと。
2018-06-04g.png2018-06-04h.png
2018-06-04i.png2018-06-04j.png
第14図以下
△3七桂成 ▲同桂 △2九金 ▲同玉
△7九飛 ▲5九歩 △7四飛成 ▲6六桂
△4九銀 ▲7四桂 △9三玉
(第15図) ▲5三飛
△8三角
(第16図) ▲7五桂 △3八銀成 △同玉
△4六桂 ▲同歩
 まで先手勝ち
2018-06-04k.png
スポンサーサイト

研究観【居飛車目線の三間飛車】

【単独研究の弊害・効果】

単独研究のスタイルを続ける事、早8年。その間、研究会や研究パートナーのお誘いをいただく機会が幾度か訪れました。いずれも辞退しているわけですけど、これは正しい選択だったと思っています。


最大の理由は、リアルタイムでの検討が困難だという事・・・ちょっと意味不明過ぎるので少し説明させてもらおう。


当ブログの記事を読んでもらえば一目瞭然で、自分は情報整理に重きを置いています。
長い時間をかけて検証→理論付けし、蓄積されたものを一気に吐き出す・・・そのスタイルゆえに、自分の中で消化しきれていない変化手順や思想を言語化(アウトプット)するのは非常にストレスを感じるわけです。
これは単独研究の弊害でもあり、効果でもあるのかなと。もともとフィードバックを考慮しない一方通行の情報発信ですから、あれこれと他者と意見交換するのは前提にないんですね。自分の考えが100%であり、そこに他者の思想を影響させるべきではない。


※ブログ記事・書籍における協力態勢はその限りではない。


上記に加え、ソフト研究に頼らない実戦的手段を模索しているのもマイナス要素。自分はいかに勝つか・・・という観点で研究していません。実戦的に難しいであろう局面(経験値の高い変化)への誘導を重きに置いているから、絶対的な対策を求めているタイプとは相性も悪い感じでしょうか。



【居飛車目線の三間飛車】

自分の場合、観戦・検討・研究などの際は居飛車目線で考えている。これの意図する事は、ノーマル三間飛車側の手段云々よりも居飛車の指し手を限定したくないから。
居飛車がこうやったらどうするのか・・・疑問を一つ一つ埋めていく・・・もともと振り飛車は瞬間的な捌きを求められるので、ミスれないんですね。だから、いろんな筋に網を張っておく必要がある。であるならば、振り飛車側の手段を模索するよりも居飛車の選択肢を増やして対応する癖をつけてしまえばいい。そういう風に考えて取り組んでいます。
自分の体感では対抗系の居飛車は数回ミスっても(仕掛け前後の話)それなりの将棋になるし、何指しても一局の将棋なんですよね。


屁理屈はさておき、自分は居飛車目線の三間飛車って事になるわけです。電子書籍で居飛車の選択肢が多いのもそれが大きく作用していると(・_・;)
振り飛車党で同じような取り組み方をしてる人がいるのか不明ですけど・・・個人的にはオススメしません。やっぱり、同志・仲間と意見が合わなくなりますからね(笑)


最後に、ツイッター上でアンケートを実施してみました。結果を見る限り、どうやら自分と同じような事をやってる人は少数派のようです(´・ω・`)


Kindle
最新記事
カテゴリ
プロフィール

タップダイス

Author:タップダイス
将棋倶楽部24四段の三間飛車党。
2014年から本格的な執筆活動に着手。現在も電子書籍を手がける。
著書に「アブノーマル三間飛車」、「続アブノーマル三間飛車」、「トマホーク最新研究」、「三間飛車VS超急戦」、「トマホーク解体新書」、「棋書作成マニュアル」がある。(Kindle)

https://twitter.com/Taps_dies
https://www.youtube.com/channel/UCNq3ZBdo-mkjyxRuVZdjbPQ

月別アーカイブ
リンク